商品情報にスキップ
1 3

山内

塩縮加工コットンリネンシャツ

塩縮加工コットンリネンシャツ

通常価格 ¥46,200
通常価格 セール価格 ¥46,200
セール 売り切れ
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。
サイズ

⼭内として1年通して提案をしている数少ない定番シャツの⼀つ。 

全てのパーツに滑りの良いコットンキュプラを裏打ちする⼆重仕⽴てで、⽣地の⾵合いを感じて頂くために、ステッチは全て裏側になるよう仕⽴てている。 

和紙のように乾いた表情とランダムなシワの⼊った⽣地感とデザインが、どこか和を感じさせる⼭内らしいアイテム。 

スタイリングの幅が広く⽻織としても重宝するためサイズ選びや襟の形状選びなど、洋服本来の着⽤する楽しみも。 

今期はそんな定番のシャツに炭染、柿渋染を施した表地を使⽤している。

material
表地:綿 50% / 麻 50% (近江産)
裏地:綿 55% / キュプラ 45%

⽣地の裏側に⼿を当てると⼿が透けて⾒えるほどの薄⼿の近江産コットンリネンを、強塩縮加⼯する事で強烈に⽬が詰まり、縦横30%程⽣地が収縮する。 
縮まる際に⽣地全体に出てくるランダムなシワとドライな表⾯が、どこか和紙のようでもある。 
全ての⽣地が同じような塩縮後の表情になるわけではなく、⽷、組織、染⾊⽅法、⾊々な条件により仕上がりが左右するため、今まで幾度となくテストを繰り返してきた中で、シワが強すぎて主張しすぎるわけでもなく、弱すぎるわけでもなく、また安定して同じ⾵合いに上がるこの⽣地に⾏き着いた。 
もっと奥深いところでまた⼿に取り着⽤したくなり、⼀⾒すると少しの変化に感じるが、 あえてその程よく品のあるバランス感覚を⼤事にモノづくりをしている。 
この⽣地はそんな感覚に常に正してくれる⼭内になくてはならないテキスタイルの⼀つ。 

炭の超微粒粉末を使⽤し染め上げる染⾊⽅法。 
染め上がりは淡いブルーグレー⾊で、顔料染めのように繊維の表⾯に固着するため、カジュアルなムラが出るのが特徴的。 
柿渋染めとは逆で経年により⾊が少しずつ薄くなり、消臭、抗菌、防⾍など炭本来の効⼒があるため、湿気の多い⽇本の夏には特に効果的な染⾊。

size
4:着丈76.5 / 肩幅47.5 / 胸囲120 / 袖丈64.1

詳細を表示する
1 4