差|HUNTING COAT,BOA FLEECE LINER VEST|INNAT 23AW|えん -en-

こんばんは。池田です。

自転車通勤していると猛暑の時は汗はもちろん、日焼けも大敵。
日焼け自体が嫌いなわけではないのですが、そもそも似合わないんですよね。
なので、基本的には夏には日焼け止めを塗って通勤しています。
しっかり塗っているつもりではいるものの、若干焼けてしまい、さらに左右で日焼け具合に差が出てしまっていて、なんだか違和感を感じるようになってしまいました。
さらにさらに春に長袖を着ていた時には、手の甲だけ少し日焼けしたせいで、手の甲、手首から肘あたりまで、二の腕、と3段階の差が発生。
一層日焼け止め塗らずに通勤するか、と思いつつ、やはり焼けたくないので、来年に向けて対処方法を探ろうと思います。

日焼け止めを塗るような僕からは遠い存在ですが、ここ最近はなんだかスポーツの盛り上がりが高まっているような気がするのですが、気のせいでしょうか。
少し前までは海外との力に差があったのが、だんだんとその力の差がなくなってきているような気がしてしまいますね。
何が要因なのかは全くわからないですし、そもそもニュースでハイライトを見ている程度なのですが。

差|HUNTING COAT,BOA FLEECE LINER VEST|INNAT 23AW|えん -en-

何事も差別化を図るよりも個性を伸ばしていった方が良いのでは、なんて偉そうなことを考えながら、本日はINNATの HUNTING COATとBOA FLEECE LINER VESTのご紹介を。
差を感じる部分も楽しめるアイテムたちかと。

差|HUNTING COAT,BOA FLEECE LINER VEST|INNAT 23AW|えん -en-

まずはHUNTING COATから。
デザインのソースは某アウトドアブランドのハンティングジャケット。
60's〜70'sのハンティングジャケットが実際のソースですが、そこまで古くないハンティングジャケットを古着で見かけることも多いのではないでしょうか。
かく言う僕も古着で某ブランドのハンティングジャケットを所有しています。

差|HUNTING COAT,BOA FLEECE LINER VEST|INNAT 23AW|えん -en-

ハンティングジャケットというと、ダック地を採用していることが多いように思いますが、こちらではモールスキンを使用しています。
このモールスキンは高密度に織られており、厚みのある生地感。
さらにスエード起毛の加工も施されているため、しっとりと柔らかな生地感に仕上げられています。

差|HUNTING COAT,BOA FLEECE LINER VEST|INNAT 23AW|えん -en-

そこにハンティングジャケットらしく、襟や袖裏、ポケット裏などの要所要所にコーデュロイがあしらわれています。
襟にはスタンドカラーでも着ることができるようにボタンも付けられているので、その時々で畝を見せたり、見せなかったりできる仕様に。

差|HUNTING COAT,BOA FLEECE LINER VEST|INNAT 23AW|えん -en-

続いて、BOA FLEECE LINER VEST。
こちらは継続して展開していたキルトのLINER VESTから派生したアイテムになります。
これまでのキルトのLINERアイテムたちのように、HUNTING COATとアジャスト可能です。
そのため前端と襟ぐりのホールのデザインは踏襲されています。

差|HUNTING COAT,BOA FLEECE LINER VEST|INNAT 23AW|えん -en-

先シーズンなどでも書いていたり、Instagramで投稿した画像などにもあったかと思いますが、インナーとしてはもちろん、アウターの上にレイヤードするスタイルもできるので、様々な楽しみ方のある1着。
特に今季はインナーとして着ると、丈に差が生じて、ライナーが顔を出してくれるんですよね。
この差が個人的には好きなポイント。

差|HUNTING COAT,BOA FLEECE LINER VEST|INNAT 23AW|えん -en-

生地に関しては、今季はとある事情からキュプラが使用できなくなってしまったため、ウールボアフリースを採用。
このウールには、ウルグアイ産ウールを原料を使用しており、自然な色味の梳⽑糸で編み上げられ、ウールボアフリースとして仕上げられています。

差|HUNTING COAT,BOA FLEECE LINER VEST|INNAT 23AW|えん -en-

一見すると重そう、と感じられるかもしれませんが、そんなことは全くなく、むしろ非常に軽い仕上がりです。
軽くてしっかり暖かい、まさに冬のお供として寄り添ってくれそうですね。
アウトドアブランドなどでよく使用されるのはポリエステルのボアのため、どうしてもギア、テック、といった印象が付き纏ってしまうかと思いますが、こちらはウールを使用している上に、ナッピング加工を施すことで、まさに羊かのような生地感を再現しているため、自然な表情を映し出してくれています。
ギアやテックといった雰囲気が苦手な方にとっては朗報かもしれませんね。

差|HUNTING COAT,BOA FLEECE LINER VEST|INNAT 23AW|えん -en-

色味については両アイテムともBrownのみ。
HUNTING COATはCharcoalが完売してしまったので。
今季のBrownには柿渋を染料に、ボタニカルなハイブリッド染めを施しています。
同じ色味で染めていても、生地が異なるだけで染まり方に差ができるのも、なんだか興味をそそられてしまいます。
レイヤードした際には、丈の差だけでなく、色味の差も生じることで奥行きのようなものを感じられるでしょうか。

差|HUNTING COAT,BOA FLEECE LINER VEST|INNAT 23AW|えん -en-

丈の差、色味の差、それに加えて生地感の差も楽しみたいところですね。
HUNTING COATのしっとりモールスキン、BOA FLEECE LINER VESTのもこもこボアフリース。
レイヤードするだけでこれだけの差を楽しめるなんて、両方買いたくなってしまいますよね。
いやはや、困ったものです。

差|HUNTING COAT,BOA FLEECE LINER VEST|INNAT 23AW|えん -en-
HUNTING COAT ¥72,600 (in tax)
 
差|HUNTING COAT,BOA FLEECE LINER VEST|INNAT 23AW|えん -en-
FLEECE LINER VEST ¥60,500 (in tax)

他との差を比べるのではなく、差を楽しもう、そう思わせてくれますね。
差を大いに楽しむことができ、物欲を刺激してくる罪深いINNATのHUNTING COATとBOA FLEECE LINER VESTを是非。

池田

online

Instagram

ブログに戻る
  • 問い|Symbol T Shirt "Absurdity",Jersey flap Bag|Fujimoto 24SS|えん -en-

    問い

    問いに対して。

    問い

    問いに対して。

  • 抑え|3B UNSTRUCTURED JACKET,RELAXED MINIMAL SHORTS,3 PLEAT WIDE TROUSERS|kontor 24SS|えん -en-

    抑え

    統制を取るための抑え。

    抑え

    統制を取るための抑え。

  • 靡く|ペイズリージャガードポンチョシャツ,ペイズリージャガードドッキングポンチョT|MAHITO MOTOYOSHI|えん -en-

    靡く

    靡く魅力。

    靡く

    靡く魅力。

  • 動き|undou wide pants|satou 24SS|えん -en-

    動き

    動きたくなるかもしれない。

    動き

    動きたくなるかもしれない。

1 4