なんとも|シルク泥染シャツ,シルク泥染パンツ|MAHITO MOTOYOSHI 24SS|えん -en-

なんとも

こんばんは。池田です。

ようやく梅雨らしい気候になってきましたかね。
とはいえ、雨が降るのか降らないのか、なんとも言えない天気ですけれども。
それでもこの暗い空には梅雨なんだな、と感じてしまいます。
なんて言っているにも関わらず、明日はまさかの猛暑日予報。
もうどうしようもないですね。
これだけ気温差があると身体がおかしくなってしまいそうです。
このなんとも定義しづらい季節を早く乗り越えたいものですね。

天気はなんとも定義できないし、シーズンの入れ替わりでなんとも勧めづらい時期だな、なんて悩みを抱いている中、定休日で足を運んだ民藝の展覧会。
民藝の展覧会には過去にも何度か観に行っているのですが、民藝の世界は非常に奥深いな、なんて素人ながらに感じてしまっています。
決してデザインが優れているわけではないような物でも、民藝の観点から観るとまた違った解釈で捉えられるので、それがなんとも面白みを感じられると言いますか。
日常で使われていた物に価値を見出して、それを発信していく、そんなことができる柳宗悦さんの考えには共感できすぎてしまう次第。
偉そうに共感と共感と言ってしまっていますが、とにかくあのなんとも形容しがたい物の美しい佇まいに、観ていてなんだか癒された定休日になりました。

なんとも|シルク泥染シャツ,シルク泥染パンツ|MAHITO MOTOYOSHI 24SS|えん -en-

展覧会で感じたことを言語化するのはなんとも難しいよな、と自らの稚拙さを身に沁みて感じながら、本日はMAHITO MOTOYOSHIのシルク泥染アイテムたちのご紹介を。
なんとも言えないところが魅力の仕上がりです。

なんとも|シルク泥染シャツ,シルク泥染パンツ|MAHITO MOTOYOSHI 24SS|えん -en-

まずはなんと言っても特徴的な生地から。
23AWでも使われていたため、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、こちらはシルクに泥染を施した生地です。
23AWの展開に関わらず、アイテム名がそのままなので言うまでもない気もしつつ。

なんとも|シルク泥染シャツ,シルク泥染パンツ|MAHITO MOTOYOSHI 24SS|えん -en-

気を取り直して、このシルクは中国広東省の伝統的な染色が施された”香雲紗”と呼ばれる生地です。
その染色をする際に使われているのが、天然のソメモノイモの汁と地元の川の泥。
ソメモノイモなんてなんとも突っ込みづらいほど直接的な名称で、個人的にこういった名称は好み。

なんとも|シルク泥染シャツ,シルク泥染パンツ|MAHITO MOTOYOSHI 24SS|えん -en-

話は逸れましたが、染色が施された後には野外に広げて天日干しをしています。
シルクを泥染するだけでも十分と言えるほど贅沢ではありますが、さらにこの工程を加えることによって、このひび割れたようななんとも表現しづらい表情に。
この生地のなんとも言えない表情に限っては、他ではなかなか味わえないでしょうね。

なんとも|シルク泥染シャツ,シルク泥染パンツ|MAHITO MOTOYOSHI 24SS|えん -en-

生地としての表情はさることながら、滑らかさがありつつ、ぶりんとした生地感もなんとも独特。
表現が稚拙な上に、これほどなんとも形容しがたい生地感だと、どう伝えたら良いのか路頭に迷ってしまいます。
兎にも角にも、なんとも形容しがたくてなんとも言えない生地、ということで。
ちなみに洗いやすくて乾きやすい一面も持ち合わせていますよ。

そのなんとも言えない生地を使ったオープンカラーシャツとワイドパンツ。

なんとも|シルク泥染シャツ,シルク泥染パンツ|MAHITO MOTOYOSHI 24SS|えん -en-

まずはオープンカラーシャツから。
パターンとしては何か気を衒ったり、大胆に大きかったり、はたまたぴたっとしていたり、ということはなく、なんともスタンダードな作り、と言えるかもしれません。
ただ、オープンカラーと言えど、そこまで大きく開かれた襟元ではないので、カジュアルにはなりすぎない印象かと。

なんとも|シルク泥染シャツ,シルク泥染パンツ|MAHITO MOTOYOSHI 24SS|えん -en-

加えて、ワイドパンツにも共通する特徴として挙げられるのが、裾の切り替えですね。
ここはシルクではなく、コットン地で切り替えが施されています。
ただ切り替えを施すだけでなく、コットン地はカットオフ仕様になっている点も見逃せませんね。
ただでさえ怪しい雰囲気漂う生地を採用しているにも関わらず、そこに鋭利な表情も加わった、なんとも本吉さんの気概が伺えてしまいます。

なんとも|シルク泥染シャツ,シルク泥染パンツ|MAHITO MOTOYOSHI 24SS|えん -en-

そして一方のワイドパンツ。
こちらもデザインとして何かを加えられているわけではありません。
むしろ太めな設計とそのおかげで、このなんとも言えない生地を存分に味わえる意図があるようにも思えてくるでしょうか。
僕の勝手な解釈ですけども。

なんとも|シルク泥染シャツ,シルク泥染パンツ|MAHITO MOTOYOSHI 24SS|えん -en-

また、タックなどは入れられていないため、印象としては平面的に映るかもしれません。
それが決して軽薄な表情になることはなく、袴のような表情を映し出してくれています。
MAHITO MOTOYOSHIのパンツのシルエットは、総じてなんとも表現がしづらい特徴を持ち合わせているんですよね。
袴らしくあったり、スカートらしくあったり、パジャマらしくあったり。
もしかしたらただ僕の表現が稚拙なだけかもしれませんけど。

なんとも|シルク泥染シャツ,シルク泥染パンツ|MAHITO MOTOYOSHI 24SS|えん -en-
シルク泥染シャツ ¥45,100 (in tax)
 
なんとも|シルク泥染シャツ,シルク泥染パンツ|MAHITO MOTOYOSHI 24SS|えん -en-
シルク泥染パンツ ¥48,400 (in tax)

なんとも表現しづらい不思議な存在にも少し憧れてしまうな、なんて思わせてくれますね。
泥染が施されたシルクがなんとも言えない表情に仕上がり、そのなんとも表現しづらい表情を存分に味わえるMAHITO MOTOYOSHIのシルク泥染アイテムたちを是非。

池田

online

Instagram

ブログに戻る
  • 更に|C/W CHECKED TWILL SHIRT|ULTERIOR 24AW|えん -en-

    更に

    更に増す魅力。

    更に

    更に増す魅力。

  • おおらか|MEXICAN KNIT HOODIE|INNAT 24AW|えん -en-

    おおらか

    のんびりとおおらかに。

    おおらか

    のんびりとおおらかに。

  • やはり|OVERSIZE LONGSLEEVE B|POLYPLOID 24AW|えん -en-

    やはり

    やはり良いものは良い。

    やはり

    やはり良いものは良い。

  • 奥|FADED SILKY TERRY RW HALF ZIP HOODIE,SWEAT SHIRT,SWEAT PANTS|ULTERIOR 24AW|えん -en-

    奥ゆかしく妖艶。

    奥ゆかしく妖艶。

1 4