結局|塩縮加工コットンリネンシャツ|山内 24SS|えん -en-

結局

こんばんは。池田です。

今日で甥っ子と姪っ子の帰省が終わってしまいました。
騒がしいほどに賑やかな年末年始が終わるとなると寂しくなってしまいますね。
静かな日常も良いですが、賑やかな方が結局は元気をもらえて良いのだろうな、なんて思ってしまいます。
当分の間はちびっ子から元気をもらうことができそうにないので、結局は自力で活力を見出さねば、ですね。
それが当たり前ですけど。

そんなこんなで賑やかな年末年始でしたが、年末年始といえば高校サッカー、という方もいらっしゃるかもしれませんね。
僕の母校は今年は予選で敗退してしまったので、関心がないところをさらに関心がなくなってしまう事態なのですが。
とはいえ、全く関心がないということではなく、結局結果を見てしまう自分もいたりします。
実際ニュースで流れている時ぐらいなんですけどね。
とにかく優勝は結局あの高校でしたね。
毎年どこが優勝しているのかわからないですが、ここ最近はこの高校しか優勝してないのでは、なんて思うほど。
全国優勝した時はどんな気持ちなんだろうな、なんて思いを馳せてしまいます。
お祭り騒ぎなんでしょうね、きっと。

結局|塩縮加工コットンリネンシャツ|山内 24SS|えん -en-

結局スタメンから外されてしまったな、と苦い記憶を思い返しながら、本日は山内の塩縮加工コットンリネンシャツのご紹介を。
結局ここに戻ってきたくなる、そんな1着。

結局|塩縮加工コットンリネンシャツ|山内 24SS|えん -en-

こちらは山内で定番として展開しているアイテム。
もはや僕からとやかく言う必要もないかもしれませんね。
それほどまでに安心感を持っていただけるかと思います。
とはいえ、何も書かないという暴挙には出ないので。

結局|塩縮加工コットンリネンシャツ|山内 24SS|えん -en-

まず個人的にこのシャツの最も良いと感じる点が生地感。
シワが一切ないぴしっとしたシャツはなんだか小綺麗過ぎて苦手意識があるんですよね。
反してシワシワなシャツはだらしなすぎますし。
そんなわがままな要求にも応えてくれるので、結局選んでしまうんですよね。

結局|塩縮加工コットンリネンシャツ|山内 24SS|えん -en-

使用しているのはコットンリネンの生地。
一見すると想像もつきませんが、加工する以前は透けるほどの薄さ。
そこにアイテム名にもあるように、強い塩縮加工を施すことで目が詰まった生地に仕上がります。
普通に目が詰まった生地、ではなく、非常に強く目が詰まっています。

結局|塩縮加工コットンリネンシャツ|山内 24SS|えん -en-

その塩縮加工は、ただ縮ませるだけでなく、シワ感や凹凸のある生地感を引き出す役割も担っています。
この独特な生地感がわがままな僕も惹かれてしまう魅力ある生地なんですよね。
ぴしっとし過ぎてもいないし、だらしな過ぎてもいない、非常に良い塩梅の生地感。

結局|塩縮加工コットンリネンシャツ|山内 24SS|えん -en-

このシワ感はもちろんですが、ざらっと乾いている和紙のような表情も見逃せません。
艶かしい光沢のある生地ももちろん品があって良いのですが、やや粗野な雰囲気も感じさせるこの表情がたまりませんね。
前面に上品な雰囲気や繊細さを求める方は刺さらない可能性もありますが、この侘しいような佇まいに結局惹かれてしまう自分がいるんですよね。

結局|塩縮加工コットンリネンシャツ|山内 24SS|えん -en-

ちなみにここで施されている加工は、手作業で全て行なっていたり、危険な薬剤を使っていたり、と手間と時間がかかるため、加工ができる工場さんが少ないそうです。
それはそうだろうな、と生地を見ていただければご理解いただけるかと。

結局|塩縮加工コットンリネンシャツ|山内 24SS|えん -en-

また、このこだわりきった生地をより感じていただくために、ステッチは表に出てこないように仕上げられています。
そこまでするか、と思ってしまうと同時に、この生地へのこだわりが半端でない、と戦々恐々としてしまいますね。
それほどまでに良い生地に仕上がっているわけです。

そんな良い生地での1枚仕立てではない点もこのシャツの個性。
コットンキュプラを裏地として使用した2枚仕立てになっています。
そのため肌当たりや着心地の良さも感じていただけるかと思いますし、インナーとしてのシャツというよりもシャツジャケットのような感覚を持っていただけると思います。

結局|塩縮加工コットンリネンシャツ|山内 24SS|えん -en-

サイズ感はややゆとりがあり、ここでもぴしっとなり過ぎず、だらしな過ぎない、良いバランス。
ゆるゆるなアイテムが好きな僕ではありますが、結局こういったバランスのアイテムが着やすいですよね。
どんなアイテムにも寄り添ってくれる心の広さを感じざるを得ません。

結局|塩縮加工コットンリネンシャツ|山内 24SS|えん -en-

そして今季の色味はチャコールネイビー。
この色味も今季の避けては通れない点ですよ。
何せ山内のイメージカラーとして定められていますので。
生地によって染まり方が異なるので、アイテムにもよりますが、こちらでは深みのある染め上がり。
穏やかでありながら、芯のある表情、といったところでしょうか。
この色味も結局手に取ってしまう要因になっているかと。
もちろん良い意味で、ですよ。

結局|塩縮加工コットンリネンシャツ|山内 24SS|えん -en-
塩縮加工コットンリネンシャツ ¥44,880 (in tax)

どんな時でも結局頼りになる人間になれるかな、と新年に新たな人間像を定めたくなってしまいますね。
どれだけ他に魅力的なアイテムがあったとしても、結局行き着いてしまう山内の魅力が詰まりに詰まった塩縮加工コットンリネンシャツを是非。

池田

『新年のおねびき -sale-』

online

Instagram

ブログに戻る
  • 更に|C/W CHECKED TWILL SHIRT|ULTERIOR 24AW|えん -en-

    更に

    更に増す魅力。

    更に

    更に増す魅力。

  • おおらか|MEXICAN KNIT HOODIE|INNAT 24AW|えん -en-

    おおらか

    のんびりとおおらかに。

    おおらか

    のんびりとおおらかに。

  • やはり|OVERSIZE LONGSLEEVE B|POLYPLOID 24AW|えん -en-

    やはり

    やはり良いものは良い。

    やはり

    やはり良いものは良い。

  • 奥|FADED SILKY TERRY RW HALF ZIP HOODIE,SWEAT SHIRT,SWEAT PANTS|ULTERIOR 24AW|えん -en-

    奥ゆかしく妖艶。

    奥ゆかしく妖艶。

1 4