貫|塩縮加工リネンニット・Tシャツ|山内 24SS|えん -en-

こんばんは。池田です。

まだ朝晩は少し肌寒さが残っていますが、日中は本格的に春を感じられるようになりましたね。
桜もほとんど散ってしまいましたし、今年の春もすぐに終わってしまいそうな予感がしてしまいます。
既に半袖で歩いている方もいらっしゃるぐらいですし。
それでも洋服を扱ってることと、天邪鬼なことから、僕はまだまだ半袖で過ごすことには抗いたいんですよね。
自転車通勤が暑かろうとも。
ただの自己満足に過ぎませんが、この半袖への抗いをもう少し貫き通していく所存です。

よくわからない決意表明をしてしまいましたが、明日の健康診断には不安がっている自分がいます。
昨年の健康診断ではなんとか無事に何もなく安心することができましたが、今年はどうなるやら。
前日に何をしようとも無駄なので、なんとか何もなく、一貫してお酒と煙草のある生活を続けていきたいと祈るばかり。

貫|塩縮加工リネンニット・Tシャツ|山内 24SS|えん -en-

貫く生活がおかしいかもな、と自分でも認識しながら、本日は山内の塩縮加工リネンニット・Tシャツのご紹介です。
一貫した山内の想いが反映された1着かと。

貫|塩縮加工リネンニット・Tシャツ|山内 24SS|えん -en-

こちらのカットソーは23SSでも展開があり、今シーズンも継続。
が、本来は今シーズン展開する予定ではありませんでした。
それでも昨年好評だったこともあり、再び展開されることに。
これは昨年魅了されてしまった僕としても非常に嬉しい限りです。

貫|塩縮加工リネンニット・Tシャツ|山内 24SS|えん -en-

とは言うものの、全く同じかと言うとそうではありません。
今季セレクトしているのはshibori blackのみなのですが、23SSでは背面のみに有松絞りがあしらわれていました。
それが今季はフロントにもあしらわれ、総柄仕様に様変わり。
この柄にぞっこんの身としては大変喜ばしいアップデート。

貫|塩縮加工リネンニット・Tシャツ|山内 24SS|えん -en-
 
貫|塩縮加工リネンニット・Tシャツ|山内 24SS|えん -en-

今季は総柄となっているため、あえてご説明するほどでもないのかもしれませんが、後ろ見頃の幅を広めにとるパターンとなっており、前見頃を覆うような設計となっています。
これは背面のみだった23SSのものを考慮してのこと。
ただ、もちろんそれだけでなく、前後で差をつけることによって立体感が生み出されています。
こういった一見してもわからないような細かい部分まで一貫してこだわり抜くのが山内らしいですね。

貫|塩縮加工リネンニット・Tシャツ|山内 24SS|えん -en-

そこに採用されているのがフランス産のリネン100%。
近江産ではないのか、と思われるかもしれませんが、そのフランス産リネンを編み上げているのが近江にある工場さんです。
この工場さんに渡る段階では、フランス産リネンの生地感を最大限感じていただきたい、という山内の想いから、加工は何も施されていない状態。
そうすることで艶やかな表情とリネン特有の生地感を体感いただけるようになっています。

貫|塩縮加工リネンニット・Tシャツ|山内 24SS|えん -en-

リネンを採用していることもあり、本来キックバックが弱い側面もあるのですが、そこを塩縮加工によって解消されています。
キックバックが強化されることに加えて、シワ感やじゃりっとしているような生地感も実現。
この生地感がなんだか病みつきになってしまうんですよね。
暑い時期には非常に良い着心地だと感じていただけるはず。

貫|塩縮加工リネンニット・Tシャツ|山内 24SS|えん -en-

そして何よりの主役である有松絞りによる柄。
ご存知の方も多いかもしれませんが、山内では立ち上げ当初から一貫して有松絞りを施したアイテムを展開しています。
その理由として、有松絞りという伝統工芸の美しさ、楽しさを多くの方に感じていただき、より広めていきたい、という想いを持っているため。
僕としてはそれをあえて声を大にして打ち出したいとは思いませんが、その山内の想いは素晴らしいと思いますし、実際にそれを毎シーズン貫き通せているという事実にも感服せざるを得ませんね。

貫|塩縮加工リネンニット・Tシャツ|山内 24SS|えん -en-

何はともあれ、そんな有松絞りによる柄は非常に存在感を感じられるもの。
色味も相まって、もはや禍々しさすら感じられるでしょうか。
それほどまでに異彩を放っているかのような表情。
さらに総柄ときたら、とにかくたまらないですね。

貫|塩縮加工リネンニット・Tシャツ|山内 24SS|えん -en-

こう書いていると派手派手しい印象を受けてしまうかもしれませんが、着てみると意外や意外ですんなりと馴染んでくれます。
そもそも黒がベースですしね。
存在感のある禍々しさを貫き通すわけではなく、寄り添ってくれる優しさも持ち合わせている、とでも言いましょうかね。

貫|塩縮加工リネンニット・Tシャツ|山内 24SS|えん -en-

サイズ感については、ゆとりを持った設計で、僕が着ると袖で肘が隠れる程度。
ゆったりとしているため、有松絞りの柄を全面に楽しめるのも嬉しいですね。
なんてあたかもサイズ展開があるように貫こうとしていますが、サイズ3は既に完売してしまっているので、残すはサイズ4のみ。
本来であればもっとオーダーしたかったのですが、追加分だったため少量しかオーダーできず申し訳ないです。
自分で着たい気持ちは山々ですが、その気持ちは押さえつけておきます。

貫|塩縮加工リネンニット・Tシャツ|山内 24SS|えん -en-
塩縮加工リネンニット・Tシャツ ¥41,800 (in tax)

自分らしさを貫き通すことの大切さを思い知らされてしまいますね。
山内としての有松絞りへの一貫した想いが反映され、貫くかの如くの存在感を放っている塩縮加工リネンニット・Tシャツを是非。

池田

online

Instagram

ブログに戻る
  • 混合|3Pocket Linen Silk Tween Detroit Jacket|OPPOSE DUALITY 24SS|えん -en-

    混合

    混合方法は如何に。

    混合

    混合方法は如何に。

  • 圧|HEAVY LINEN NO-PLEAT SLACKS|FUJI 24SS|えん -en-

    圧を感じつつも。

    圧を感じつつも。

  • 再現|Suminagashi Printed Wide Shorts,Suminagashi Printed Hakama Trousers|KUON 24SS|えん -en-

    再現

    高い再現性。

    再現

    高い再現性。

  • 問い|Symbol T Shirt "Absurdity",Jersey flap Bag|Fujimoto 24SS|えん -en-

    問い

    問いに対して。

    問い

    問いに対して。

1 4