思いのほか|SALVAGE OVERALLS|INNAT 23SS|えん -en-

思いのほか

こんばんは。池田です。

この週末は本格的な暑さが到来していますね。
ここまでの暑さになると通勤が辛くなってきてしまいます。
と思っていたのですが、まだ湿度が高くないからなのか、自転車でも思いのほか汗をかかずに通勤できています。
これで湿度が高くなったら、と考えると恐ろしいです。

そんな暑さになる前日の定休日は午後から雨が降る予報だったため、どこにも行かずにちょっとした大掃除をしました。
ちょっとした大掃除ってなんでしょうね。
掃除はもちろん、後回しにしていた衣替えも敢行。
雨が降り出す前に終わらせよう、と意気込んでいたためか、思いのほか早めに終えることができました。
何事も意気込みが大事ですね。
今年も半年経ったので大掃除を敢行しましたが、時が過ぎるのが思いのほか、ではなく当然の如く早かったな、と感じた定休日でした。

思いのほか|SALVAGE OVERALLS|INNAT 23SS|えん -en-

今年の梅雨は思いのほか雨が降らないのでは、と淡い期待を抱きつつ、本日はINNATのSALVAGE OVERALLSのご紹介です。
思いのほか、な1着かと。

思いのほか|SALVAGE OVERALLS|INNAT 23SS|えん -en-

まずデザインソースになっているのは、40-50年代頃のUS NAVYのサルベージトラウザー。
所謂オーバーオールですが、オーバーオールはあまり着たことがない、という方も多いでしょうか。
かく言う僕も何年も着ていないので、とやかく言える立場でもないのですが。
そんな僕でも展示会で見て、着てみたら、是非セレクトしたいな、と。

思いのほか|SALVAGE OVERALLS|INNAT 23SS|えん -en-

そんなオリジナルのサルベージトラウザーは平面的で直線的とでも言いましょうか、とにかくシルエットが単調という点があります。
お好きな方はこの点が良い特徴、と感じられているかもしれませんが、INNATではこの点をアップデートしています。
脇線を作ったり、オリジナルにはない前開きを付けたり、着やすいパターンにしたり、とデザインの面だけでなく、機能面においてもアップデート。

思いのほか|SALVAGE OVERALLS|INNAT 23SS|えん -en-

ちなみにPAJAMA JACKETと同様の仕様もあり、脇のリボンは同じものを使用したり、裾のボタンでシルエットを変えられたりもします。

思いのほか|SALVAGE OVERALLS|INNAT 23SS|えん -en-

また、ヒップポケットはPAJAMA PANTS同様に、脇線まで挟み込んだ大きめのパッチポケットの仕様です。
ここも容量が多いだけでなく、アクセスしやすいように、という機能面での配慮。
もちろんデザイン的にも良い主張をしてくれていますね。

思いのほか|SALVAGE OVERALLS|INNAT 23SS|えん -en-

こういったデザインと機能性が上手く手を取り合っている、という点がINNATらしさのひとつですね。
もちろん色味が最もわかりやすいらしさではあるのですが、デザインと機能性のバランスが良いからこそ、オーバーオールを着ていなかった僕でもセレクトしたいと思ってしまいました。

思いのほか|SALVAGE OVERALLS|INNAT 23SS|えん -en-

そこは理解したけどやはり着慣れない、という方も多いかもしれませんよね。
一度着てみていただければ、思いのほか着やすい、と感じていただけると思います。
上述したようなデザイン、機能面はもちろんなのですが、オーバーオール特有のビブのポケットがないこともその要因のひとつでしょうか。
その点からも所謂オーバーオール感が薄まっていますよね。

思いのほか|SALVAGE OVERALLS|INNAT 23SS|えん -en-

それでもメインで着るのは難しそう、という方は、この上からジャケットやシャツなどを着てあげれば、より着やすいスタイルになりますかね。
見える面積を減らすことが着やすさに繋がりそうです。

思いのほか|SALVAGE OVERALLS|INNAT 23SS|えん -en-

というわけで、アイテム説明に戻りまして、シルエットはゆとりがあり、リラックス感を感じさせますね。
INNATらしさにリラックス感も挙げられるかと思いますが、今季のアイテムの中でも特にリラックスしたシルエット、雰囲気になっているような気がします。
ゆとりのあるシルエットに加えて、ビブがあることでアイテム自体の面積が大きくなるので、体型カバーできる点も利点のひとつでしょうか。
あとは、肩紐の長さを調整できたり、裾のボタンを留めたり、と身長はあまり影響せずに着ることができそうです。

思いのほか|SALVAGE OVERALLS|INNAT 23SS|えん -en-

そして、使用されている生地はコットン100%のリップストップ。
COLLECTION 01のPAJAMA SHIRT JACKETと同様とまでは言い切れませんが、近しい生地感かと思います。
厚すぎず、薄すぎない、柔らかで程良い生地感で真冬以外は着られそうでしょうか。

思いのほか|SALVAGE OVERALLS|INNAT 23SS|えん -en-

そこにLight purpleには、INNATらしさ溢れる、ボタニカルのハイブリッド製品染めが施されています。
Light purpleはログウッドの色味による染色です。
一方のNaturalはコットン本来の色味で、優しい雰囲気を感じさせます。
2色とも合わせづらそう、と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、これまた思いのほか馴染んでくれるので、着ず嫌いせずにお試しいただければと。

思いのほか|SALVAGE OVERALLS|INNAT 23SS|えん -en-
SALVAGE OVERALLS Natural,Light purple ¥52,800 (in tax)

未経験のことでもSALVAGE OVERALLSを着ていたら、思いのほかすぐにできてしまうかもしれませんね。
思いのほか、ではなく、INNATらしさとして感じられるデザインと機能性が掛け合わさった、思いのほか着やすいと感じていただけるであろう、INNATのSALVAGE OVERALLSを是非。

池田

online

Instagram

ブログに戻る
1 4