所謂|VINTAGE FADED TERRY RW SWEAT SHIRT|ULTERIOR 22AW|えん -en-|

所謂

こんばんは。池田です。

最近は気温が下がって気持ちが良いので、AWのアイテムを買いたい欲がより一層高まってます。
ただ、天気予報が全く当たらず、雨が降ったり止んだりの日が多いのは勘弁してほしいところです。

天気のことはさておき、僕は洋服に関しては割と雑食枠に入ると思います。
もちろんドメスティックも好きだし、古着、国内外問わずデザイナーズなど、特にこれといったカテゴリーには縛られてないのかなと。
ラグジュアリーブランドは買わないですけど、コレクションとかを見るのは好きですし。

ただ、所謂ビンテージと呼ばれるような洋服はあまり目を向けることがありません。
高額ということもありますが、レギュラーの古着とかより現代の生活に合っていないものも多いから、自分が持っているものに合わないから、ということが大きいかもしれません。

所謂ビンテージを買わない僕ではありますが、ビンテージをデザインソースにしているアイテムは着たいと思えるものが多かったりします。
もちろんビンテージの懸念点を払拭しつつ、ちゃんと現代的な雰囲気が出ているものに限りますが。

所謂|VINTAGE FADED TERRY RW SWEAT SHIRT|ULTERIOR 22AW|えん -en-|

ビンテージにあまり関心がなくても良いと感じていただけるのが、本日デリバリーのあったULTERIORのVINTAGE FADED TERRY RW SWEAT SHIRTです。

所謂リバースウィーブといえばChampionが真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。

所謂|VINTAGE FADED TERRY RW SWEAT SHIRT|ULTERIOR 22AW|えん -en-|

VINTAGE FADED TERRY RW SWEAT SHIRTでは、リバースウィーブタイプにはなっていますが、裾はカットオフされたデザイン。
カットオフ部分がロールしている点がなんとも愛らしいポイント。
(カットオフが図らずも連日になってしまいました。)

所謂|VINTAGE FADED TERRY RW SWEAT SHIRT|ULTERIOR 22AW|えん -en-|

カットオフも特徴ではありますが、ビンテージっぽさのあるフェード感が一番刺さったポイントです。
この色味の出し方すごいなーと全く語彙力のない感想が初見時の僕です。

僕が余計な言葉を入れてもわかりづらくなる一方なので、アイテム説明をほとんどそのままで。

表糸に粗挽き杢グレーの強撚糸を、裏糸に無撚糸を使用し編み立てた裏毛仕様になっています。
中糸にも杢グレーを使用し、杢グレーミックスの生地に編み立ててから、あえて染色することで生まれる奥深い色合いや、ビンテージのような風合いが特徴です。

所謂|VINTAGE FADED TERRY RW SWEAT SHIRT|ULTERIOR 22AW|えん -en-|

手間のかかる工程というのは容易に想像できますが、編んだ後の染色など手間のかかる工程無くして、この特徴的な色味は出せないですね。
頭が上がりませんね。

古着でも日焼けなどによってフェード感のあるアイテムもありますが、ここまで綺麗なフェード感のものにはなかなか出会えないと思います。
まっさら状態から育ててもこうは上手くいかないことが多いでしょうか。

ビンテージ、フェード、日焼け、などの単語が多いと、”野暮ったい”とか”持ってる洋服に合わなそう”などネガティブに感じられてしまうかもしれませんが、全くそんなことはなく、安定のULTERIORらしい良い塩梅に仕上がっています。
お持ちのアイテムに難なく、馴染んでくれるかと。

所謂|VINTAGE FADED TERRY RW SWEAT SHIRT|ULTERIOR 22AW|えん -en-|

色味はFADE GREY、NAVY GREY、OLIVE GREYの3色。
ミリタリーをイメージした色味はどれも心をくすぐってきます。

そんなビンテージ感のあるスウェットではありますが、現代に沿ったシルエットになっています。
身幅は少しゆったりとしていますが、丈はそこまで長くないのですっきりと着れるかと思います。

また、薄めの生地感になっているので、夏が過ぎたらすぐに着られるのも嬉しいポイントです。
夏以外は着れるぐらいかと。

所謂|VINTAGE FADED TERRY RW SWEAT SHIRT|ULTERIOR 22AW|えん -en-|
VINTAGE FADED TERRY RW SWEAT SHIRT  FADE GREY/NAVY GREY/OLIVE GREY ¥30,800 (in tax)
 

ビンテージの雰囲気を纏いつつ、しっかりと現代に寄り添った1着になっています。

”所謂”ビンテージが好きな方も、そうでない方も、きっと刺さると思いますので、是非。

池田

ブログに戻る
  • 貫|塩縮加工リネンニット・Tシャツ|山内 24SS|えん -en-

    一貫した想い。

    一貫した想い。

  • とろん|DUSTER SHIRT COAT|INNAT 24SS|えん -en-

    とろん

    とろんと力を抜くように。

    とろん

    とろんと力を抜くように。

  • 陰影|コットンキュプラ・ランダムシャドーストライプショートスリーブシャツ|山内 24SS|えん -en-

    陰影

    映し出される陰影。

    陰影

    映し出される陰影。

  • 至る|MULTI-PKT VEST|kontor 24SS|えん -en-

    至る

    至るところに配す。

    至る

    至るところに配す。

1 4