まずは|WASHED BIZEN GABADINE TUCKED PANTS|ULTERIOR ESSENTIAL LINE 23SS|えん -en-

まずは

こんばんは。池田です。

盛り上がりに盛り上がったW杯も終わってしまいましたね。
流石の僕も決勝は体調不良の中、生で見ていました。
途中で寝てたりもしましたけど。
個人的には現役でやっている頃に大好きだったディ・マリアが出て、さらに点を入れたのを見ることができ、非常に嬉しかったです。
今活躍している選手はほとんど知らない状態なので、そこまで感情移入できませんでしたが、大好きだった選手の活躍は嬉しいものですね。

そんなW杯が終わり、冬本番だと感じる気温になってきましたが、早いもので2022年もあと10日ほど。
いやはや、早いものですね。
気持ち的にはまだまだ年末年始だという実感は湧いてないですけど。

年末年始は特別感があるようで、特に何もやることがないのが悩ましいんですよね。
皆さんは年末年始をどう過ごしているのでしょうか。
まずは初詣と言いたいところですが、自宅近くのそこまで大きくない神社でも、ここ最近は大行列になっていて、行くタイミングが難しいんですよね。
元旦に行かないとなっても家では特にやることもなく、見たい番組もない暇人になってしまうので、年始にまずは何をやったら良いのか教えていただきたいです。
暇を持て余さないように。

まずは|WASHED BIZEN GABADINE TUCKED PANTS|ULTERIOR ESSENTIAL LINE 23SS|えん -en-

さて、冬本番でそろそろ年末年始というタイミングですが、早いもので23SSのアイテムが到着。
そんな早速到着したULTERIORのアイテムを本日はご紹介します。
ULTERIORといえばまずはこれということで、ESSENTIAL LINEから2型入荷があり、そのうちのひとつを。

ご存知の方も多くいらっしゃるかと思いますので、ESSENTIAL LINEについては簡潔に。
ESSENTIAL LINEは、ブランドとして長く展開し続けているアイテムを選び抜いて、派生させたラインになります。
シーズンなど関係なく普遍的なデザインになっているので、ブランドアイコンとも呼べるアイテムが揃っているというのが僕の感覚です。

まずは|WASHED BIZEN GABADINE TUCKED PANTS|ULTERIOR ESSENTIAL LINE 23SS|えん -en-

そのESSENTIAL LINEの中のひとつに、今回のWASHED BIZEN GABADINE TUCKED PANTSがあります。
細かいのですが、先シーズンは”TWILL”だったものが、今シーズンは”GABADINE”に変わっています。
綾織の総称がツイルで、その中にギャバジンがあるので、そこまで深く考えなくても問題ないかと思います。
プレオープンの時も書いたり、定番として既に知っている方も多そうなので、長々と細かく書かずにさっとしたご説明で。

まずは|WASHED BIZEN GABADINE TUCKED PANTS|ULTERIOR ESSENTIAL LINE 23SS|えん -en-

ぱっと見るとトラウザーズの雰囲気を感じさせますが、デザインのソースになっているのはミリタリーパンツとオーバーパンツ。
フロントの3連ボタンはかなり長めに持ち出されているため、特徴あるフロントデザインになっています。
先シーズンにはバックにシンチバックがついていましたが、今季はついていないよりシンプルな面持ちに変更されています。
このように定番とはいえ、細かい部分をシーズンごとにアップデートされているので、何本でも持っておきたいと感じさせるのかな、と勝手に思っています。

まずは|WASHED BIZEN GABADINE TUCKED PANTS|ULTERIOR ESSENTIAL LINE 23SS|えん -en-

オーバーパンツがソースになっていることもあり、非常にゆったりとしたシルエットになっています。
そこに今季は2本のインタックが入っているので、よりゆとりを感じられる仕様に。
インタックが入ることで平面的なフロントの見た目から、立体感が出て個人的には嬉しいアップデート要素です。

まずは|WASHED BIZEN GABADINE TUCKED PANTS|ULTERIOR ESSENTIAL LINE 23SS|えん -en-

そこに使用されているのが、旧式の力織機で通常よりも時間をかけて織り上げられた備前ギャバジンです。
そう織りあげることによって生まれるのが、上品な光沢感と独特の生地感。
ギャバジンなので高密度ではあるのですが、硬いわけではなく、ふわりとした質感に仕上げられています。
ギャバジンと耳にするのとは裏腹な生地感も多くの方を惹きつける要因のひとつでしょうか。

ただ、織り方だけでなく染色においても、徹底した生地へのこだわりを感じさせます。
普通に染めていくわけではなく、生地を洗いながら染色を施すことによって、生地に膨らみが生まれたり、洗い晒しのような風合いを加えて表現。
見ただけではわからないこの生地感はULTERIORらしさを体感できると思います。

まずは|WASHED BIZEN GABADINE TUCKED PANTS|ULTERIOR ESSENTIAL LINE 23SS|えん -en-

もちろん真新しい状態も魅力的ですが、何回も穿いて洗って、を繰り返していくと、どんどん風合いが増していくので、そういった経年変化も是非楽しみたいところ。
奇を衒ったデザインではないからこそできる楽しみ方だと思います。

まずは|WASHED BIZEN GABADINE TUCKED PANTS|ULTERIOR ESSENTIAL LINE 23SS|えん -en-

そして色味はFLAXとBLACKの2色をセレクト。
このFLAXが非常に良い色味なんですよね。
白でもない、オフホワイトでもない、曖昧な雰囲気がたまらないです。
爽やかすぎず、可愛すぎず、非常に良いバランスではないでしょうか。
BLACKは言わずもがなですが、1本目として選ぶならBLACKからでしょうかね。

まずは|WASHED BIZEN GABADINE TUCKED PANTS|ULTERIOR ESSENTIAL LINE 23SS|えん -en-
WASHED BIZEN GABADINE TUCKED PANTS FLAX,BLACK ¥41,800 (in tax)

まだ2022年で気が早いかもしれませんが、まず間違いないULTERIORのESSENTIAL LINE。
ULTERIORを買ったことがある方にも、ない方にも、23SSのアイテムはまずはこれからかなと感じていただけるであろうWASHED BIZEN GABADINE TUCKED PANTSを是非。

池田

ブログに戻る
  • 問い|Symbol T Shirt "Absurdity",Jersey flap Bag|Fujimoto 24SS|えん -en-

    問い

    問いに対して。

    問い

    問いに対して。

  • 抑え|3B UNSTRUCTURED JACKET,RELAXED MINIMAL SHORTS,3 PLEAT WIDE TROUSERS|kontor 24SS|えん -en-

    抑え

    統制を取るための抑え。

    抑え

    統制を取るための抑え。

  • 靡く|ペイズリージャガードポンチョシャツ,ペイズリージャガードドッキングポンチョT|MAHITO MOTOYOSHI|えん -en-

    靡く

    靡く魅力。

    靡く

    靡く魅力。

  • 動き|undou wide pants|satou 24SS|えん -en-

    動き

    動きたくなるかもしれない。

    動き

    動きたくなるかもしれない。

1 4