残す|WASHED CHAMBRAY GABARDINE SHORT BLOUSON|ULTERIOR 23AW|えん -en-

残す

こんばんは。池田です。

今日で10月最後の日曜日で、10月も残すところ2日。
本当に早いですね。
今月はやり残すことなく、終えることができそうです。
来月からは24SSの事務関連の作業もやっていかないといけないので、こつこつ地味な作業を進めていこうと思います。
地味な作業は嫌いではないのでね。

そんな中、23AWのデリバリーも終盤に入ってきており、残すところ数型を待つのみとなってきました。
こちらも早いものですね。
これから冬本番にかけてしっかり役目を果たしてくれるアイテムたちが揃っているので、冬本番も怖いもの無し状態ですよ。
もちろんそう言っている本人は買えないので、皆さんに楽しんでいただければ嬉しいなと。
皆さんに楽しんでいただき、僕の楽しみは残すことにしておきます。
冬はまだまだこれからですしね。

残す|WASHED CHAMBRAY GABARDINE SHORT BLOUSON|ULTERIOR 23AW|えん -en-

冬はこれから、なんて言いながら、24SSも残すところ数ヶ月でデリバリーが始まるんだよな、と現実を見つめている中、本日はULTERIORのWASHED CHAMBRAY GABARDINE SHORT BLOUSONのご紹介を。
残すところは残し、加えるところは加えることで魅力ある1着に。

残す|WASHED CHAMBRAY GABARDINE SHORT BLOUSON|ULTERIOR 23AW|えん -en-

見ただけでわかってしまうかもしれませんが、こちらはビンテージのハンティングジャケットがデザインのソースになっています。
ハンティングジャケットとなると、やや長めの丈に設計されていることもありますが、こちらはショート丈のブルゾンとしての仕上がりです。
中途半端な短さではなく、しっかり短めに設計されている点が良いですね。

残す|WASHED CHAMBRAY GABARDINE SHORT BLOUSON|ULTERIOR 23AW|えん -en-

まず特徴的なのは、ハンティングコートやジャケットと言えばのフラップポケット。
ものにもよるかと思いますが、ハンティングジャケットのフラップポケットはスクエア型が多いように思います。
が、スクエア型ではなく、台形型とでも言うのでしょうか。
何はともあれ、フラップが斜めに配されており、大きめのサイズも相まって存在感の高さが伺えます。

残す|WASHED CHAMBRAY GABARDINE SHORT BLOUSON|ULTERIOR 23AW|えん -en-

同じようなことを書いてしまいますが、ものによってはフラップポケットに加えて、ハンドウォーマーポケットがある場合もあるかと。
そこは踏襲しなかったか、と思いつつ、フラップポケットのサイドにハンドウォーマーポケットが追加されています。

残す|WASHED CHAMBRAY GABARDINE SHORT BLOUSON|ULTERIOR 23AW|えん -en-

僕が見たことがないだけかもしれませんが、通常あまり使われないリベットが打たれている点も良い味を出しているでしょうかね。
ボタン仕様が多いところを、ささやかな存在感を放つリベット。
この細かい視点が本当に魅力的ですよね。

残す|WASHED CHAMBRAY GABARDINE SHORT BLOUSON|ULTERIOR 23AW|えん -en-

ちなみに背面にはゲームポケットも完備されています。
使う頻度はあまりないかもしれませんが、こういった要素も残すあたりが憎い演出。
獲物を入れることは流石にないので、旅行中の地図なんかを入れる時に活用できそうですかね。

残す|WASHED CHAMBRAY GABARDINE SHORT BLOUSON|ULTERIOR 23AW|えん -en-

ポケット以外の要素としては、チンストラップが付いている点もお見逃しなく。
留めてハイネックにすることで、見た目としてはもちろんのこと、防風機能としての役も担ってくれるのでね。
ハイネックにすることによって現れるステッチも非常に良い表情を演出してくれますよ。

残す|WASHED CHAMBRAY GABARDINE SHORT BLOUSON|ULTERIOR 23AW|えん -en-

特徴的な要素を残す中、そのデザインや機能性に変化を加えて、全く異なる印象に昇華されていますね。
大きく変わっている訳ではないのに、ここまで変化が感じられる。
ULTERIORならではの仕上がりですね。

残す|WASHED CHAMBRAY GABARDINE SHORT BLOUSON|ULTERIOR 23AW|えん -en-

また、ここで使用されいてる生地はシャンブレーギャバジン。
高密度に織り上げられた三子撚りのガス焼きコットンです。
画像では伝えきれないのですが、畝の傾斜をより強めることで深みのある色味に。

残す|WASHED CHAMBRAY GABARDINE SHORT BLOUSON|ULTERIOR 23AW|えん -en-

さらに仕上げ加工が今季から見直されています。
加えられたのは、揉み込みと叩きの加工。
そうすることでより柔らかな生地感を実現しています。

残す|WASHED CHAMBRAY GABARDINE SHORT BLOUSON|ULTERIOR 23AW|えん -en-

硬さのあるぴしっとした生地感というよりも、柔らかく、シワ感のある生地感です。
そのため真っ新な新品ではありつつ、ビンテージ感のある風合いを残す仕上がりに。
こてこてのビンテージだと着づらいイメージを想起してしまいますが、この程良い風合いが非常にそそられる生地感になっているかと思います。

残す|WASHED CHAMBRAY GABARDINE SHORT BLOUSON|ULTERIOR 23AW|えん -en-

薄手そうな印象を抱かれるかもしれませんが、裏地も付けられているため防寒の面でも安心できるかと思います。
北日本などの極寒地域の場合は厳しいかもしれませんが、東京などではこれでも事足りるのではないでしょうか。

残す|WASHED CHAMBRAY GABARDINE SHORT BLOUSON|ULTERIOR 23AW|えん -en-

色味はGREY BEIGEのみ。
ただ、今季はBEIGEではなく、グレーの糸を緯糸に採用された新しい色味となっています。
ベージュに近い印象は受けるものの、グレーの曖昧な雰囲気も感じられるでしょうか。
非常にULTERIORらしい色味に仕上がっているな、と感じざるを得ませんね。

残す|WASHED CHAMBRAY GABARDINE SHORT BLOUSON|ULTERIOR 23AW|えん -en-

ショート丈というのは上述しましたが、身幅やアームなどはゆったりとしたシルエットとなっているので、レイヤードも楽しめるサイズ感に仕上がっているかと思います。
はっきりとしたショート丈に、ゆとりのあるシルエット、と現代的な雰囲気を醸し出しているのではないでしょうか。

残す|WASHED CHAMBRAY GABARDINE SHORT BLOUSON|ULTERIOR 23AW|えん -en-
WASHED CHAMBRAY GABARDINE SHORT BLOUSON ¥79,200 (in tax)

やり残すことがあったとしても、そのまま放置しない、と当たり前なことを再確認させてくれていますかね。
残すところは残す、加えるところは加える、そうすることで現代的でありながらビンテージ感を残す1着に仕上がった、ULTERIORのWASHED CHAMBRAY GABARDINE SHORT BLOUSONを是非。

池田

online

Instagram

ブログに戻る
  • 颯爽|long outer|satou,山内,YASHIKI,MAHITO MOTOYOSHI,M A N A V E 23AW|えん -en-

    颯爽

    颯爽と街へ。

    颯爽

    颯爽と街へ。

  • やや|2-Tack Flannel Baker Pants|SAYATOMO 23AW|えん -en-

    やや

    やや感じるけども。

    やや

    やや感じるけども。

  • 生かす|2-Tack Corduroy Painter Pants|SAYATOMO 23AW|えん -en-

    生かす

    生かすことで生まれる魅力。

    生かす

    生かすことで生まれる魅力。

  • 決して|2-Tack  Cotton Nylon Military Pants|SAYATOMO 23AW|えん -en-

    決して

    決して同じでない。

    決して

    決して同じでない。

1 4