共存|WOOL STAND COLLAR BLOUSON|FUJI 24SS|えん -en-

共存

こんばんは。池田です。

GWが終わった中、ニュースでは退職者の増加が多く取り上げられていますね。
さらに退職代行で退職される方が多いことに驚きです。
それは10連休もしてしまったら行きたくなくなる気持ちもわからないでもないですけども。
新卒の方もかなり退職されているんですね。
実際に入社してみないと社風や実情はわからないので致し方ない気もしつつ、1ヶ月足らずで退職するのもな、と様々な考えが共存してしまいます。
退職せざるを得ない状況を作り出してしまった環境でもあったとは思うので、社員の方々が仕事をしやすいように共存できる環境作りが大事なんだな、とつくづく考えさせられますね。
ひとりでのんびり仕事をしている自分が言えることではないですけども。

そんな悲しいニュースとは裏腹に、スターウォーズが25周年ということもあり、様々なグッズなどの発売情報が出てきていて嬉しい限り。
全て欲しくなってしまってむしろ困ってしまうんですけどね。
そんなこんなで先週の定休日には展示にも足を運んできました。
事前に見ていたグッズを買える、とわくわくしていたのですが、まさかの他県の会場でしか買えない事実が発覚。
予習不足で非常に残念でなりません。
実物を見てみたいと思う反面、それでも欲しいと思ってしまう物欲が共存してしまっています。
この共存関係を打破して買うべきか否か、当分迷うことになりそうです。

共存|WOOL STAND COLLAR BLOUSON|FUJI 24SS|えん -en-

ここまでひとりで運営していて、これから仕事関係で誰かと共存することができるのかな、と心配になりながら、本日はFUJIのWOOL STAND COLLAR BLOUSONのご紹介です。
共存して調和がとれた仕上がり。

共存|WOOL STAND COLLAR BLOUSON|FUJI 24SS|えん -en-

こちらはウールを使用し、スタンドカラーブルゾンとして仕上げられたもの。
アイテム名としては異なりますが、スイングトップに限りなく近いデザイン、と言えるでしょうかね。
ハリントンジャケット、ドリズラージャケット、と呼び方が共存してしまっていますが、ここではスイングトップで固定しますね。

共存|WOOL STAND COLLAR BLOUSON|FUJI 24SS|えん -en-

スイングトップと聞くと、野暮ったいイメージが浮かぶでしょうか。
個人的には古着のスイングトップの野暮ったさが好きなので、良い意味で捉えてしまうのですが。
そうは言っても、こちらのブルゾンにはそれを感じさせない洗練された印象を持っていただけるかと思います。

共存|WOOL STAND COLLAR BLOUSON|FUJI 24SS|えん -en-

そう思わせる要因としては、リブ仕様ではない点でしょうか。
袖や裾がリブになっていると、カジュアルな方向に振られてしまう気がしてしまうんですよね。
もちろん他でもリブ仕様ではないスイングトップもありますけどね。

共存|WOOL STAND COLLAR BLOUSON|FUJI 24SS|えん -en-

それとフロントのポケットがフラップではない点もそう感じさせる要因かもしれません。
フラップではなく、シームポケットにすることで、より削ぎ落とされた表情に見える気も。
これも他のスイングトップでも見られる点ではありますけど、あまり深く考えすぎずで。

共存|WOOL STAND COLLAR BLOUSON|FUJI 24SS|えん -en-

そしてスイングトップと言えば、なドッグイヤーカラー。
ボタンが2つ付くことが多いように思いますが、こちらでは1つのみとなっています。
突出して変わったことはありませんが、ボタンもカジュアルに振りすぎないものを使っているあたりも良い表情に繋がっているのではないでしょうか。
ここは立てても、寝かしても、その時の気分で着方を変えていただければ。

共存|WOOL STAND COLLAR BLOUSON|FUJI 24SS|えん -en-

そこに使用されている生地がスーパー120原料の2/80ウール。
このチェック生地が最もFUJIらしい表情を映し出しているかもしれませんね。
ネイビーと白に限りなく近い生成りのような色味によるチェック柄。

共存|WOOL STAND COLLAR BLOUSON|FUJI 24SS|えん -en-

上述したように洗練されているようにも、柔らかく朗らかなようにも見えるでしょうかね。
相対するような表情が共存しているかのような表情に見えてしまいます。
共存しているからこそ、全てを包み込んでくれる包容力のある仕上がりになるのかもしれません。
それがFUJIらしさにも繋がっているのかと思います。

共存|WOOL STAND COLLAR BLOUSON|FUJI 24SS|えん -en-

そうは言っても、チェックの総柄と聞くと、一見派手派手しく見えてしまうのは、反論ができそうにありません。
反論はできませんが、一度着てみていただければ、その包容力を体感していただけるはず。
ハンガーに掛かっているものとして見た時と、着てみた時の感じ方はがらりと変わりますよ。
意外や意外、すんなりと馴染んでくれる優しさが溢れた存在。

共存|WOOL STAND COLLAR BLOUSON|FUJI 24SS|えん -en-

と、生地では洗練、柔らか、朗らか、優しい、といった表現が並んでいますが、やはりスイングトップとしてのどこか野暮ったい香りがわずかながら残っている気がするでしょうかね。
そのわずかに残った香りと、生地による洗練され、柔らかく朗らかで優しい雰囲気が共存し、そこに個人的に刺さってしまっています。
もしスイングトップの香りが全て打ち消されてしまうと、どうしても近寄り難い存在になってしまいそうですが、こちらは安心して一緒に過ごして共存関係を築きたくなってしまいますね。

共存|WOOL STAND COLLAR BLOUSON|FUJI 24SS|えん -en-

ちなみにこのウール生地は特殊加工が施されており、ウォッシャブルが可能となっています。
ウールとは言っても、洗えてしまうことに加えて、生地感もコットンに近しい感覚を覚える、ウールとコットンが共存しているかのような生地かと。
ちなみのちなみに裏地付きです。

共存|WOOL STAND COLLAR BLOUSON|FUJI 24SS|えん -en-

サイズ感は気を衒うことなく、程良いゆとりを持たせた設計となっており、誰でも迎え入れてくれるかと思います。
ここでもFUJIの包容力を感じさせてくれますね。
藤本さんのお人柄が間違いなく反映されてる、と感じざるを得ないです。

共存|WOOL STAND COLLAR BLOUSON|FUJI 24SS|えん -en-
WOOL STAND COLLAR BLOUSON ¥81,400 (in tax)

誰とでも共存できる立ち振る舞いの仕方を教えてくれているのでしょうか。
相対するかのような雰囲気が共存することで調和がとれた、共存関係を築きたいほどの仕上がりのFUJIのWOOL STAND COLLAR BLOUSONを是非。

池田

online

Instagram

ブログに戻る
  • 混合|3Pocket Linen Silk Tween Detroit Jacket|OPPOSE DUALITY 24SS|えん -en-

    混合

    混合方法は如何に。

    混合

    混合方法は如何に。

  • 圧|HEAVY LINEN NO-PLEAT SLACKS|FUJI 24SS|えん -en-

    圧を感じつつも。

    圧を感じつつも。

  • 再現|Suminagashi Printed Wide Shorts,Suminagashi Printed Hakama Trousers|KUON 24SS|えん -en-

    再現

    高い再現性。

    再現

    高い再現性。

  • 問い|Symbol T Shirt "Absurdity",Jersey flap Bag|Fujimoto 24SS|えん -en-

    問い

    問いに対して。

    問い

    問いに対して。

1 4